[5.0]「異界遺構シルクス・ツイニング」のガーロンドデータログ

[5.0]「異界遺構シルクス・ツイニング」のガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ

5.0で追加されたID「異界遺構シルクス・ツイニング」の道中に落ちているメモ、ガーロンドデータログの内容を記載します。
5.0ストーリーにまつわる読み物で味わい深くて面白かったです。
(IDだとゆっくり読みづらいですよね)
読んでいない方、スキップしちゃった方はぜひ見てほしいです。

英語版だとIronworks Datalogってなってました。
シドたちのガーロンド・アイアンワークスが脈々と継がれてた事も垣間見えて最高でした。

ガーロンドデータログ

ガーロンドデータログ2.5

滅びの運命に抗うためには、
封じられしクリスタルタワーの再起動しか道はない。
だが、簡単にあの扉は開いてはくれなかった。
我々に遺された手がかりは、
聖コイナク財団が遺した「ノアレポート」を始めとする、
初代「シド」が関与した、いくつかのデータログだけ。
だが、長年にわたる苦難の末に、ついに扉は開かれた。
そこで我々は、出会うことになる。
塔と共に、眠りについていた伝説の人物と……。

ガーロンドデータログ3.5

かつて、闇の世界と呼ばれた「第十三世界」への門が拓かれた、
「始皇帝の玉座」の解析は、我々に大いなる知識をもたらした。
とはいえ、これだけでは目的の達成は遠い。
なぜなら、第八霊災と密接な関わりを持つ、
「第一世界」に渡るだけでは、歴史を変えられないからだ。
これに加え、時の逆行が必須事項なのである。
幾世代にも渡る研究の末、解析を完了させた、
時を超えし蛮神との戦いを記録した「データレコード」……
その知識を具現化するときが来たのだ!

ガーロンドデータログ4.5

「異界」への移動と、「時間」の制御……
難題であった、このふたつの技術を確立してなお、
「次元の狭間」への潜行には、問題が多かった。
あらゆる時間と空間がもつれた次元の狭間では、
すべての事象が不確かで、まさに混沌と呼ぶべき状態だ。
この狭間を、正しく越えねば目的は達成できない。
過去、次元の狭間を完全に掌握した唯一の存在、
「オメガ」に関するデータログが、解決の糸口となるだろう。
これより、計画を最終段階へと移行する!

IDクリア後のクエスト

???? : …………ザ…………ザザ…………
……ついに、長年の計画が実行に移されるときが来た。
長々と綴ってきたデータログもこれが最後となるだろう。
クリスタルタワーの再起動から始まり、
異界転移と時間制御に関する装置の取り付け……
計画を成功させるため、俺たちはできることのすべてをやった。
さて、ここからは私信だ……いや、謝罪と言うべきか……。
すべてをお前ひとりに背負わせる結果になって、すまなかった。
時間と次元を超えられるのは、
塔と深い繋がりを持つ、お前だけだ。
そればっかりは、俺たちの技術でも変えられなかった。
しかしお前は、たったひとりになっても、
彼女を救いに行くのだと、笑って快諾してくれたな……。
その覚悟の源が、どんな心情にあるのかは……聞くまいさ。
だが、滅びゆく原初世界から、命続く限り祈ってるぜ。
お前の……グ・ラハ・ティアの願いが叶うことを……。
記録者、ガーロンド・アイアンワークス第18代会長、
ビッグスIII世……ザ……ザザザ……
プツン…………。

ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ
ガーロンドデータログ

FF14カテゴリの最新記事