FF14の製作を自動でやっちゃおう!(実践編)

FF14の製作を自動でやっちゃおう!(実践編)

前回の記事で製作を自動化するために「まくろに」を準備しました。

FF14の製作を自動でやっちゃおう!(導入編)

ゲーミングデバイスだとマクロ機能があるんですけど、持ってない\(^o^)/オワタ!と諦めてました。でもなんとか出来たので備忘録としてまとめます。

さっそく設定をしていきます!といってもすごい簡単なんですけどね。

FF14側の設定

1)製作のマクロを作ります。
2)作ったマクロをキーバインドしてあるホットバーに入れます。
 (ここでは1キーと2キーに割り当て)

ホットバー

「まくろに」側の設定

1)FF14を起動した上で「まくろに」を起動して対象ウィンドウをFF14にする。
2)マクロの内容は下の画像のように設定する。

まくろに

3)ループ回数を設定する。
 (指定の回数があればそれを入れるか、任意に止めるなら0にして中止するまでループさせる)
4)製作手帳を開いたままで「まくろに」を実行させてテストしてみる。
 (うまく設定が出来ていれば自動で製作をしてくれます)

設定のポイントです。

  • 製作手帳の製作開始ボタンをクリック指定するとうまく動作しなかったのでNUMPAD0キーでの入力で代用しています。
  • 製作手帳が最前面なのかどうかでNUMPAD0での遷移の仕方が変わる?ようでNUMPAD0キーを3回でも良かった場合もありました。
    保険で4回にしているという意味ですがここはテストしながらやってみてください。
  • NUMPAD0キー間の2,000は、2,000ミリ秒=2秒という意味です。
    最短ではないはずですので効率を求める場合は少し短くしても良いと思います。
  • ちなみに上記の画像ではFF14側のマクロが1キーは15行で、2キーは5行でした。この場合でそれぞれ待機時間が39,000ミリ秒と13,000ミリ秒にしてほぼほぼきれいに回りました。
    スキル回しの違いで若干秒数が足りない場合もあり得ると思うので、最初は長めに取って少し詰めるくらいが良いと思います。
  • うまく回らなかった場合は、まくろに側はESCキーで中止できます。
    FF14側はなにか他のマクロを使えばエラーダイアログやアクションが止まるので挨拶マクロなどを使うと良いと思います。
  • うまく回った場合は、「ファイル」から保存できますので次回以降楽です。
  • 最初の設定は製作ミスすることもあるだろうから高価な製作品でやらないことをオススメします。

留意点ほか

ポイントは多く書いたけど、やることは少ないよね!
実際上記の設定で1時間はうまく回ってたので大丈夫だと思います。
これで動画を見ながら、そうだ忘れてた!ってポチポチ押してた作業から解放されるなんて嬉しみが深いんですけど留意点を書いておきます。

  • 就寝中や外出中に使うのは完全にOUTです。
    必ず画面の前にいる状態で、ながら作業のお供にするくらいのレベルでお考えください。
  • 万が一被った損害に関して一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
    効率を求めてやった結果、キャラデリされたら元も子もないし悲しいよね!
    あくまでも自己責任と自己判断で!

どうぞエオルゼアでの良いクラフターライフを!

FF14カテゴリの最新記事