ACTでFFXIV Ember Overlayを入れてみた!

ACTでFFXIV Ember Overlayを入れてみた!
FFXIV Ember Overlay

ACTでEmber Overlayを入れてみました!
14ライクなUIなのと折りたたみできたり色々なカスタマイズが出来て使ってて面白かったです。

FFXIV Ember Overlayとは?

ACTのオーバーレイスキンの1つで、GoldenChrysusさんが開発してくれてるものです。

githubでも詳しく記載して頂いてるので重複しますが、kagerouのようにDPS/HEAL/TANKでタブ分けされていて、14のUIに合わせた見た目になってます。

FFXIV Ember Overlay

カスタマイズ性が高くて、表示する項目を簡単に減らしたり、CSSをいじれる所まであります。
CSSがわかるなら色を変えたりデザインがいじれるみたいです。

FFXIV Ember Overlay

自分の情報だけを表示する事もできる折りたたみ可能なUIです。
他のメンバーの名前には、ぼかしをかけるって使い方もできました。

FFXIV Ember Overlay

ユニークだなと思ったのが、使わない時は折りたたんでボタンにするのも出来ました。しかも左右にw

FFXIV Ember Overlay

導入はkagerouと同じようにURL打ち込むOverlayPluginを使う方法と、ACTWebSocketを使う方法と2種類あります。
OverlayPluginの方が導入が簡単だしFF14が全画面モードでもOKだけど使えない機能もあって、ACTWebSocketの方は導入がややこしいし全画面モードではNGだけど使える機能が多いみたいです。
良し悪しがあるので詳しくはgithubを見られてみて下さい。

FFXIV Ember Overlay

FFXIV Ember Overlayの導入(OverlayPlugin編)

こちらはOverlayPluginを使う方法でやっていきます。

1)「Plugins」タブ→「OverlayPlugin.dll」タブで「追加」を押す。

FFXIV Ember Overlay

2)「新しいオーバーレイ」というダイアログが表示されるので、任意の名前を付けて種類は「Mini Parse」を選ぶ。

FFXIV Ember Overlay

3)「オーバーレイを表示する」にチェックを入れる。
 「表示するURL」の欄に、「https://goldenchrysus.github.io/ffxiv/ember-overlay/」を入力する。
 「オーバーレイの表示をリロードする」を押す。

FFXIV Ember Overlay

4)多分左上にこんなのが表示されると思うので任意の場所にドラッグで動かします。
 右下の所で大きさを変更できます。

FFXIV Ember Overlay

OverlayPluginを使う場合の導入は以上です。

FFXIV Ember Overlayの導入(ACTWebSocket編)

こちらはACTWebSocketを使う方法でやっていきます。
ACTWebSocketの導入についてはこちらの記事が参考になるかもしれません。
ざっくり内容はFFXIV_ACT_Plugin.dllを一旦✗してからACTWebSocketをenabledさせる感じです。
もうmopimopi2やOpener-Overlayを使われたことがある方は入ってるはずです。

ACTでMopiMopi2を導入しちゃおう!

まず名前がかわいいですよねMopiMopiって。デザインがすごくかわいくていい感じなので導入してみました!

1)「Plugins」タブ→「ACTWebSocket」タブでこんな感じの設定にします。

FFXIV Ember Overlay

左上段の「Start Options」の所
「Server Auto Start (with ACT Running)」と「Skin Dir On Act/OverlaySkin」と「Update Plugin Address」の3つにチェックを入れます。

左中段の「Host」の所
「Host – 127.0.0.1」、「Port – 10501」、「UPNP Port – 10501」にします。

左下段の「Message Filter」の所
「Use Miniparse Data」にチェックを入れます。
※Opener-Overlayで「Using BeforeLogLineRead」を使うので入れたままにしてます。

これで一度左最下段の「Server Status」を「On」にします。

中上段の「HTML Based」の所
「OverlayProc Auto Start (with ACT」にチェックを入れます。
ドロップダウンリストから「x64_QT5.8.0」を選びます。(32bitOSならx86_QT5.8.0)
※横にNew~とか0.0.0とか書いてあったらDownloadで更新します。

中下段の「Web Skins」の所
「Add URL」を押して「https://goldenchrysus.github.io/ffxiv/ember-overlay/」を入れます。

これで中上段の「Start/Stop OverlayProc」を押して「オーバーレイプロセス管理者」を開きます。

2)「オーバーレイリスト」から「Ember Overlay」を選んで「新しいウィンドウ」を押すと「オーバーレイウィンドウ」に追加されてオーバーレイが表示されます。

FFXIV Ember Overlay

3)任意の場所にドラッグで動かします。
 動かせない時はオーバーレイプロセス管理者の所で設定が有るので、マウスクリックを透過にチェックが入ってないか、ドラッグ移動にチェックが入っているか、等を確認してみて下さい。

オーバーレイプロセス管理者

オーバーレイプロセス管理者

ACTWebSocketを使う場合の導入は以上です。

その他

これでどちらの方法でも使えるようになりました。
設定お疲れさまでした!

正直僕の場合はウインドウモードだしだいたいどれくらい出てるのかな~を見るくらいで大した機能使わないし、折りたたみ出来るのが面白いって感じなのでどちらでも良かったですw

折りたたみは一応、上の端っこらへんをマウスオーバーすると小さい丸が出てくるのでそれを押したら出来ます。

FFXIV Ember Overlay

この他にも色々なオーバーレイスキンがあります。
良かったら併せてこちらもどうぞ~。

ACTでkagerouを導入してみよう!

ACTでDPSの数値を見るときにカッコいいオーバーレイのスキンがあればテンション上がりますよね。そんなときはダウンロード不要で簡単に設定できるkagerouがオススメです。

ACTでMopiMopi2を導入しちゃおう!

まず名前がかわいいですよねMopiMopiって。デザインがすごくかわいくていい感じなので導入してみました!

ACTでHORIZOVERLAYを導入してみよう!

ACTのオーバーレイのスキンでHORIZOVERLAYを導入してみます!横長でオシャレな感じ!

ACTでAPEX-Nを入れてみた!

ACTでAPEX-Nを入れてみました!カラーリングが個人的にツボでした。シンプルで良き!

ACTでikegamiを入れてみた!

ACTでikegamiを入れてみました!横長でシンプルだけど詳細データも簡単に確認できて超良い感じ!

FF14カテゴリの最新記事