MENU

-NS3D- VM UI Packを使ってみた

FF14 ns3d vm ui pack
NEXUSMODSよりお借りしています

-NS3D- VM UI Packを使ってみました。
UIスロットの透過などが出来てシンプルオシャレでした。

目次

-NS3D- VM UI Packとは?

neonsnow3Dさんが作られたUIデザインです。
オリジナルから下記の3点を置き換えてくれるUI Packです。

  • UIスロットを透過に
  • ミニマップをスクエアに
  • メインコマンドアイコンを半透明に

TexToolsが必要です。

-NS3D- VM UI Packの導入方法

STEP
VM UI PackのファイルをDLして解凍後、任意の所に設置します。
FF14 NS3D VM UI MOD

会員登録が必要です。無料のもので大丈夫です。

解凍後に.ttmp2ファイルではなく.mpdや.mplが出来ている場合は変換されてるかも。
僕の場合はLhaplusだとそうなったけど、7-Zipだと正しく解凍されました。

STEP
ゲームを終了した状態で、TexToolsの「Mods」→「Import ModPacks」からVM UI Packの.ttmp2ファイルを指定して「IMPORT MODPACK」をします。
TexTools

例えばメインコマンドアイコンは置き換えなくて良いなぁと思うなら、そのファイルの✓を外してIMPORTしないなども良いと思います。

導入は以上です。

  • ダークテーマでもライトテーマでも、こんな感じになります。

デフォルトの状態に戻す方法

STEP
ゲームを終了した状態でTexToolsの「Mods」→「Mod List」を開きます。
TexTools
STEP
「Filter By:」の所で「Mod Pack」に✓を入れて「DISABLE」を押します。
「ENABLE」に変わればデフォルトに戻っています。
また有効にしたい場合は「ENABLE」を押してゲームを立ち上げるとOKです。

ゲームのアップデート前に

MODが適用されていない状態にしておく方が良いと思います。
例えばこんな感じの流れです。

STEP
「Help」→「Start Over」で初期化
STEP
パッチをインストール
STEP
「Help」→「Backup IndexFiles」でバックアップを作成
STEP
「Mods」→「Import ModPacks」で任意のMODを導入

複数のMODを導入していてImport作業が面倒な場合は、「Start Over」で初期化する前に「Mods」→「Create Modpack」→「Simple Modpack」でひとまとめのものを作成しておいて、導入時にそれを指定すると良いと思います。

ただ、どれがどのMODとかがわからなくなりがちだと思うので、素直に入れる方が良いのかな~とは思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる