DSRを使って5K2K解像度のSSを撮ってみた

DSRを使って5K2K解像度のSSを撮ってみた
システムコンフィグ

NVIDIAのGeForce 5xxシリーズ以降で使えるDSRの機能を使ってモニタの解像度以上のSSをFF14で撮ってみました。

DSRとは?

Dynamic Super Resolutionの略でNVIDIAのGeForce 5xxシリーズ以降使える機能です。
一方のAMDにもVirtual Super Resolution(VSR)という同様の機能があります。

どういう機能かというと、モニタの解像度を超えて描画し、最終的にモニタの解像度へ変換する機能です。高い解像度であるほど情報量は多く描画されます。それをモニタの解像度へダウンサンプリングするので、負荷はそれなりに掛かりますが高解像度を擬似的に楽しむことが出来ます。
例えばフルHD液晶のモニタを使っていながら4K相当の解像度で描画させてSSを撮ったり映画を楽しんだりする事ができます。スゴくない?

PCの性能によりますが、いきなり4Kとか8Kとかを設定しちゃうと、かなりキレイになる一方でフレームレートが全然出ず重たい・・とかになると思います。

なので実際の使い方は、ちょっと高めの解像度にしてみてID行ったり、結構高めにしてSS撮るだけにしたり、な使い方が賢いかもしれません。
少々重くてもSS撮るくらいならそこまで支障は無いだろうし、SSはキレイな分だけ良いですし。ただ繰り返しになりますが負荷はそれなりに掛かります・・!

DSRの設定方法

1)NVIDIAのコントロールパネルを開いて、「3D設定の管理」を開きます。

NVIDIAコントロールパネル

2)「DSR – 係数」の欄で全ての項目にチェックを入れてOK、適用させます。

NVIDIAコントロールパネル

この後の設定は2通りあります。

ゲームをウインドウモードで起動している場合
→デスクトップ側とゲーム側の解像度を変更します。

ゲームをフルスクリーンモードで起動している場合
→ゲーム側の解像度を変更します。

ゲームをウインドウモードで起動している場合

3)デスクトップで右クリック、ディスプレイ設定を開きます。
 「ディスプレイの解像度」から任意のものを選びます。
 「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」から任意のものを選びます。

ディスプレイの解像度

4)FF14を起動してシステムコンフィグの解像度設定を任意のものに変更します。
 併せてUIが小さくなると思うのでサイズ設定の所で任意のものに変更します。

システムコンフィグ

ゲームをフルスクリーンモードで起動している場合

3)FF14を起動してシステムコンフィグの解像度設定を任意のものに変更します。
 併せてUIが小さくなると思うのでサイズ設定の所で任意のものに変更します。

システムコンフィグ

比べてみると・・?

ネイティブ解像度(2560×1080 / UWFHD)4.9MB

スクリーンショット

DSR解像度(5120×2160 / 5K2K)17.5MB

スクリーンショット

やっつけ比較用GIF(コピーライトが小さい方が高解像度)

比較用GIF

・比べてみると情報量がやっぱ違ってて、ディテールが細かいですね。
 岩とか葉とかがやっぱり違いました(語彙力)

まとめ

今回試したPCのスペックはざっくりこんな感じです。

CPU / Intel Core i7-9700K 3.60GHz
MEMORY / 32GB
VGA / GeForce RTX2070 8GB
MONITOR / UWFHD*2、4K*1

この環境下ではSS撮るだけなら5K2K大丈夫かなって感じでした。
いずれも最高設定でフレームレートがUWFHDで130fpsから5K2Kで30fpsくらいになったので、実際にID行くとなるとそれは厳しいかな~と思いました。
繋げてるモニタを減らして設定下げてとか諸々すればマシかもしれないけど・・わかんない。ただ設定下げると元も子もないような気がするし実用的ではないのは確か・・?
解像度をちょっとだけ上げてID行ってみるのは今度やってみたいです。良さそう。でも僕の目で違いが分かるかどうかが・・。

SS撮るために設定を変えるのは面倒だしタイミングとかにもよると思うけど、よしSS撮るやで~って時には使える機能だなあって思いました。

ツールカテゴリの最新記事